ノベルティを制作するなら知っておくべき!販促を成功に導くオリジナルなグッズの豆知識をご紹介

このサイトはノベルティを制作するなら知っておくべき、販促を成功に導くオリジナルなグッズの豆知識をご紹介しています。
消費者に対して販売促進のために配布するアイテムづくりを検討しているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
制作する際のデザインや色を決めるコツも、このサイトで解説しています。
効果的な色やデザイン選びに役立つはずです。
制作する業者選びの仕方にも触れていますので、業者の選定にまようときにもおすすめです。

ノベルティを制作するなら知っておくべき!販促を成功に導くオリジナルなグッズの豆知識をご紹介

商品の購入者やサービス利用者に配布する、オリジナルのノベルティグッズの制作を考えている人も多いのではないでしょうか。
他に売られていないオリジナルなノベルティを作る際に知っておきたい豆知識としては、ターゲットに好まれるようなアイテムを効果的なタイミングで配るように準備することが挙げられます。
ターゲットにとって魅力的に見えるアイテムを選びタイミング良く配布することで、自社に対する良い印象を与えることができるからです。

ノベルティのオリジナルで作るならおしゃれさにこだわるべき理由

企業の販促活動のためにノベルティを製作することは有効ですが、宣伝効果をより高めるためには色々なコツがあります。
その一つが、写真を撮りたくなるくらいおしゃれなノベルティをつくるということです。
思わず写真に撮りたくなるような美しいデザインのノベルティがおすすめな理由は、インターネットで拡散される可能性が高まるからです。
現代は気軽に写真を撮影してネットに投稿できる時代です。
SNSやブログなどをしている人もたくさんおり、情報が即座に拡散していきます。
自社のノベルティがインターネット上で拡散されれば、宣伝効果は非常に高いものになります。
しかもネット上の情報は、半永久的に残る場合が多いので、宣伝効果が長く続くかもしれません。
ちなみに、ステルスマーケティング的に自社のスタッフなどが自分のSNSで拡散しようとしても、たいていは失敗に終わります。
やはり一般人の方が自然発生的に広めてくれないと、なかなか広まりません。
一般人に受け入れられるおしゃれなデザインを追求することが重要です。

ノベルティをオリジナルで作る場合のターゲットに響かせるコツ

ノベルティーをターゲットに響かせるポイントは、独創性なデザインや商品などがあります。
まずは、最近の流行やトレンドを取り入れたノベルティーで、有名人のアイテムや人気ブランドの商品などです。
ノベルティー商品だけでオリジナル性が高いので、グッズとして収集したりファンの顧客のニーズにマッチしていきます。
つぎに、利便性の高い商品で、日常的に使いやすいものです。
筆記用具や小物入れなどは日常的によく使うので重宝されます。
一定の趣向をターゲットにしたアイテムは、顧客層が限られるため注意が必要です。
例えば、髪飾りであれば、男性は対象外となるのでその分対象者が減ってしまいます。
最後に、奇抜なデザインで、模様やカラーなどがユニークであることが特徴的であれば話題になるのです。
インスタ映えしたりするため、SNSで拡散して話題となれば宣伝効果につながりますし、プレミアム商品としての頭角を現します。
いろいろな事例を参考にすることもポイントとなるのです。

ノベルティの配布場所とオリジナルなグッズの関係

社名や商品名が記載されたオリジナルのノベルティグッズは、配布するだけでは効果がありません。
配布した相手に使ってもらってこそ、販促効果を最大限まで発揮できます。
そのためオリジナルのノベルティを配布する際は、配布場所に気をつけましょう。
たとえば説明会や展示会で配布をするなら、エコバッグがおすすめです。
エコバッグなら会場で受け取ったカタログなどに資料や書類を入れて持ち運べるので、受け取ったらすぐに使ってくれる可能性が高くなります。
そのまま会場内を歩き回ってくれれば良い広告塔になってくれるので、大きな宣伝効果を得られるでしょう。
他にも屋外のイベント会場ならひざ掛けやブランケットなども有効で、その場でノベルティグッズを使ってくれます。
オリジナルグッズの制作で重要なポイントは、配布する場所に合わせたアイテム選びです。
ノベルティを制作するときにはターゲットだけではなく、配布場所まで想定して考えましょう。

オリジナルのノベルティを配布するタイミングと色選び

ノベルティは、企業が販売促進効果であったり購買意欲を上昇させるため、また宣伝効果を狙って無料で配布するアイテムの事です。
一般的にはノベルティには社名であったりイベント名やサービス名など名入れされていることが多いですし、それによって宣伝効果も得られるというメリットも有りますので無料で配布をしても損をするというわけではありません。
色選びであったり、デザイン性の高い物はセンスも挙げることが出来ますし、企業のイメージアップにもつながっていくことになるでしょう。
どういったノベルティを選ぶかは、対象とするターゲットによります。
もちろん年齢層も関係しますし、男性なのか女性なのかによっても使われるものが変わってきますので、ターゲットを決める事から始めていくことになるでしょう。
その上で配布するタイミングを考えることになりますが、街頭やイベントで配るという方法以外でも、最近では通販などでも配られることがあります。